おむつかぶれ予防の最善策は?赤ちゃんのために出来ること

おむつかぶれ予防 画像

赤ちゃんのお尻が赤くなっちゃった!

 

雑誌やおむつのCMなどで見かける赤ちゃんの
お尻はサラサラでスベスベなので、我が子のお尻が
おむつかぶれになってしまうのを見ると心配で
とても悩んでしまうパパママも多いと思います。

 

しかしおむつかぶれというのは、どの赤ちゃんにも出来る可能性の
ある最も身近な皮膚トラブルなのではないでしょうか。

 

ただ、よくある症状とは言えそのままにして放っておくと
どんどん悪化して血がにじんだり湿疹が出来たりしてしまい
ウンチの度に痛くて大泣き…という事にもなりかねません。

 

おむつかぶれ予防 画像

あまり症状が酷くなると小児科や皮膚科を受診して

薬を処方してもらう必要が出てきますが、そこまででは無い
場合は家庭でのケアで改善する可能性は十分あります。

 

また、普段からしっかりとケアをしてあげると
おむつかぶれを予防してあげることも出来ます。

 

赤ちゃんはまだ皮膚が弱く、おむつかぶれなどの
肌トラブルを起こしやすいものですが、出来るならば
そういった症状は予防できるのが一番ですよね。

 

おむつかぶれ予防 画像

おむつかぶれ予防の基本は肌を清潔に保つことですが、

それだけではおむつかぶれを防ぎきれない赤ちゃんが多いので
清潔+プラスアルファで適切なケアが必要になってきます。

 

このサイトでは、おむつかぶれの予防や改善のために
家庭で使えるアイテムを紹介しています。

 

肌に優しい成分で出来ている赤ちゃん用のクリームや
石鹸など、おむつかぶれケアに有効な商品を集めて
紹介しているので是非参考にしてみて下さいね。

 

 
ファムズベビー

ファムズベビー

ファムズベビーの特徴

ムース状の濃密泡でデリケートな赤ちゃんの肌を
優しく守ってくれる保湿&保護クリームです。

皮膚が薄く乾燥しがちな赤ちゃんの肌にしっかり
潤いを与え、バリア機能をサポートする事で汗や
皮脂、雑菌などの外部刺激から肌を守り、おむつ
かぶれ予防や乳児湿疹、あせも、アトピー
などにも効果が期待出来ます。

全国の自治体で配布されている母子健康手帳副読本
でも紹介されており、その品質と実力の信頼度は高く
口コミでも人気が広がっているアイテムです。

価格 2,592円
評価 おむつかぶれ予防 評価
おむつかぶれに効く成分 グリセリン、ジメチコン、ステアリン酸
TEA、PVP、セタノール
ファムズベビーの通販情報

【商品情報】
メーカー:Fam’s
内容量:85g(約1ヶ月分)
タイプ:ムース状の保湿剤
無添加処方:3種(着色料、香料、パラベン)
香り:−

【送料・手数料】
送料:648円
手数料:代引き324円、後払い205円

【通販のお得情報】
2本以上の購入で送料無料

 

 

 
アロベビーミルクローション

アロベビーミルクローション

アロベビーミルクローションの特徴

天然成分99%以上配合純国産オーガニック
アイテムで、乾燥しがちな赤ちゃんの肌を優しく
保湿しすべすべな肌へと導くミルクローションです。

シアバターやホホバオイルなどの保湿成分や
オウゴネキスやイタドリ根エキスなどの抗炎症成分が
デリケートな肌に潤いを与えて調子を整えるので、
普段の肌ケアやおむつかぶれ予防にも使えます。

世界的なオーガニック基準であるエコサート認証を取得
しており、アマゾンや楽天市場などの大手通販サイトでは
部門別ランキングで1位を獲得している人気の商品です。

価格 2,484円
評価 おむつかぶれ予防 評価
おむつかぶれに効く成分 シアバター、ホホバオイル、オリーブオイル
ヒマワリ種子オイル、オウゴンエキス
イタドリ根エキス(99%以上が天然成分)
アロベビーミルクローションの通販情報

【商品情報】
メーカー:ALOBABY
内容量:150ml(約1ヶ月分)
タイプ:ミルクローション
無添加処方:5種
(合成ポリマー、アルコール、鉱物油、石油系界面活性剤、シリコン)
香り:天然アロマオイルのラベンダー&ローズ

【送料・手数料】
送料:無料
手数料:代引き280円、後払い280円

【通販のお得情報】
・定期購入で初回57%オフ、2回目以降は10%オフ
お得な2本セットでの販売もあり

 

 

 
For fam(フォーファム)

For fam(フォーファム)

For fam(フォーファム)の特徴

乾燥しがちでデリケートな赤ちゃんの肌ケアだけではなく、
家族みんなで使えるファミリーコスメのボディローションです。

アルガンオイルなどのエコサート認証受けた植物オイルや
植物エキス、コラーゲンやヒアルロン酸などの高品質な保湿成分
など肌を守り健やかに整える成分がたっぷりと配合されています。

卵・牛乳・大豆由来成分は使用していないため
アレルギーのある方でも使用する事が出来ます。

価格 3,132円
評価 おむつかぶれ予防 評価
おむつかぶれに効く成分 5種類のセラミド、ヒアルロン酸Na、スクワラン
加水分解コラーゲン、アルガンオイル
ひまわり種子オイル、オリーブ種子オイルなど
For fam(フォーファム)の通販情報

【商品情報】
メーカー:magicnumber
内容量:300ml(約2ヶ月分)
タイプ:ミルクローション
無添加処方:6種類
(香料、着色料、パラベン、エタノール、石油系界面活性剤、鉱物油)
※ボディローションは牛乳、卵、大豆成分不使用
香り:−

【送料・手数料】
送料:648円
手数料:代引き324円、後払い324円

【通販のお得情報】
ボディローションとボディミルクのセット購入で割引&送料無料

 

 

 
ドルチボーレ ミルキーベビーローション

ドルチボーレ

ドルチボーレ ミルキーベビー
ローションの特徴

ベースとなる水に「天使の希水」と呼ばれるミネラル豊富な
非加熱天然水を使用したスキンケアローションで、赤ちゃんの肌に
潤いを与えておむつかぶれ予防や乳児湿疹予防に効果的なアイテムです。

セラミドやシアバター、ヒアルロン酸など様々な保湿成分が配合
されており、水分と油分のバランスを整えバリア機能をサポートします。

ママのハンドケアや妊娠線の予防、高齢者のスキンケア
など家族みんなの使用もおすすめです。

価格 3,024円
評価 おむつかぶれ予防 評価
おむつかぶれに効く成分 非加熱天然水、3種類のセラミド、ケイ素
馬油、ヒアルロン酸ジメチルシラノール
シアバターなど
ドルチボーレ ミルキーベビーローション
の通販情報

【商品情報】
メーカー:Dolci Bolle(ドルチボーレ)
内容量:150ml(約1ヶ月分)
タイプ:ミルクローション
無添加処方:8種(合成香料、着色料、パラベン、シリコン、
アルコール、鉱物油、フェノキシエタノール、旧表示指定成分)
香り:−

【送料・手数料】
送料:648円
手数料:代引き324円、後払い324円

【通販のお得情報】
初回購入限定で送料無料のキャンペーン中

 

 

 
リセラベビー

リセラベビー

リセラベビーの特徴

きめ細かいフワフワの泡で赤ちゃんを洗い
上げる全身用の泡タイプベビー石鹸です。

赤ちゃんが安心して使えるように食べても大丈夫な
成分のみで作られているのが特徴で、ベースとなる
海洋深層水を始めとしてオリーブオイルや岩塩、
ヤシ、トウモロコシなどが配合されています。

赤ちゃんの肌トラブルの予防&改善の第一歩は
清潔を保つことなので、優しい石鹸で洗う事は
おむつかぶれ予防にも有効です。

価格 4,860円
評価 おむつかぶれ予防 評価
おむつかぶれに効く成分 沖縄海洋深層水、ヤシ、岩塩、トウモロコシ
オリーブオイル、アロエベラ液汁
リセラベビーの通販情報

【商品情報】
メーカー:ドクターリセラ
内容量:300ml(約1ヶ月分)
タイプ:全身用泡せっけん
無添加処方:6種
(合成香料、合成着色料、パラベン、石油系界面活性剤、紫外線吸収剤)
香り:−

【送料・手数料】
送料:540円
手数料:代引き無料、前払い無料

【通販のお得情報】
15,000円以上の購入で送料無料

 

 

 
エミューの雫

エミューの雫

エミューの雫の特徴

オーストラリアで古くから愛されてきたエミューオイルを
日本国内で精製した100%無添加オイルです。

人間の皮脂に近い性質を持つエミューオイルには必須脂肪酸
である天然オメガ3・6・9が含まれており、肌の角質層まで
浸透して潤いをキープしバリア機能をサポートします。

伸びの良い滑らかな使用感で匂いも少ないため、
スキンケアオイルに苦手意識を持つ人にもおすすめ。

価格 1,944円
評価 おむつかぶれ予防 評価
おむつかぶれに効く成分 エミューオイル(100%)
エミューの雫の通販情報

【商品情報】
メーカー:ユーコネクト
内容量:15ml(約1ヶ月分)
タイプ:スキンケアオイル
無添加処方:化学添加物不使用の100%無添加処方
香り:−

【送料・手数料】
送料:無料
手数料:代引き無料

【通販のお得情報】
72ml(約5ヶ月分)のお得サイズや、お得なまとめ販売もあり

 

 

 
池田さんの石けん

池田さんの石けん

池田さんの石けんの特徴

嬉野温泉の源泉水と馬油を組み合わせて作られた
100%天然成分の低刺激石けんで、伝説の石けん職人と
呼ばれる池田氏によって作られています。

WHOユニセフ認定の「赤ちゃんに優しい病院」でも採用
されており、肌の潤いを守りながら優しく洗いあげるので
赤ちゃんや敏感肌でも安心して使う事が出来ます。

しっとりタイプの「水肌石けん」と、サッパリタイプの
竹炭石けん」の2種類から選べます。

価格 540円
評価 おむつかぶれ予防 評価
おむつかぶれに効く成分 【2タイプ共通】嬉野温泉水(佐賀県)
馬油【竹炭石けん】竹炭粉末、竹酢液
池田さんの石けんの通販情報

【商品情報】
メーカー:素肌日和
内容量:20g(約2週間半分)
タイプ:固形石鹸
無添加処方:−
香り:−

【送料・手数料】
送料:無料
手数料:代引き324円

【通販のお得情報】
80gのお徳用サイズ(1,080円、送料別)の取扱いもあり

 

 

 
ホープスリリーフクリーム

ホープスリリーフクリーム

ホープスリリーフクリームの特徴

ホメオパシーの考え方と天然植物由来成分によって
肌のバリア機能を整え健康的な状態に導き、乾燥肌や
おむつかぶれ予防に効果が期待出来るクリームです。

オーストラリアで開発された商品で、自国政府機関の
TGAによる厳しい安全検査をクリアしたステロイド不使用の
クリームなので、赤ちゃんにも安心して使用する事が出来ます。

価格 3,780円
評価 おむつかぶれ予防 評価
おむつかぶれに効く成分 カレンデュラ、マヌカハニー、アロエベラ
リコリス、ゴツコーラ
ホープスリリーフクリームの通販情報

【商品情報】
メーカー:アインズラボ
内容量:60g(約1ヶ月分)
タイプ:クリーム
無添加処方:−
香り:−

【送料・手数料】
送料:無料
手数料:代引き324円、後払い205円

 

 

 
アルテナチュラル

アルテナチュラル

アルテナチュラルの特徴

ヨモギエキスやヒアルロン酸Naなどが配合された
保湿クリームで、赤ちゃんのおむつかぶれ予防や
湿疹、乾燥肌のケアに使用する事が出来ます。

ステロイド不使用なので赤ちゃんへの使用も安心で、
乳幼児や妊婦さん、ママの肌ケアにもおすすめです。

価格 3,456円
評価 おむつかぶれ予防 評価
おむつかぶれに効く成分 カワラヨモギエキス、ヒアルロン酸Na
スクワラン、オリーブオイル
アルテナチュラルの通販情報

【商品情報】
メーカー:美粧ケミカル
内容量:100g(約2ヶ月分)
タイプ:クリーム
無添加処方:−
香り:−

【送料・手数料】
送料:520円〜
手数料:代引き324円、後払い205円

【通販のお得情報】
5g入りのお試しサイズやまとめ買いの取扱いもあり

 

 

 
薬用カレンデュラクリーム

薬用カレンデュラクリーム

薬用カレンデュラクリームの特徴

ステロイドを使いたくないけどアトピーや湿疹を治して
あげたい…というママ達の願いを実現させるために開発された
天然植物エキス配合の薬用スキンケアクリームです。

抗炎症作用を持つカレンデュラの成分が湿疹やおむつかぶれ、
アトピーなどの肌トラブルを予防、改善し肌を健やかに整えます。

価格 2,160円
評価 おむつかぶれ予防 評価
おむつかぶれに効く成分 カレンデュラなど
薬用カレンデュラクリームの通販情報

【商品情報】
メーカー:メルシーケア
内容量:75g(約1ヶ月分)
タイプ:薬用クリーム(医薬部外品)
無添加処方:香料、着色料、パラベン、エタノール
香り:−

【送料・手数料】
送料:無料
手数料:代引き350円

【通販のお得情報】
同シリーズでローションやミルク、おしりかぶれケアスプレーなどもあり

 

当サイトのランキングは各おむつかぶれ予防の販売実績や口コミサイト

(@cosme,YahooBeauty,amazon,楽天)の評価を元に順位づけをしています。

 

おむつかぶれ予防ランキングの比較一覧

ここでは、今回ご紹介したおむつかぶれ予防アイテムを
比較してランキングでまとめています。

 

(クリックで画像拡大)
おむつかぶれ予防 画像
※価格は全て税込表示です。

 

 

口コミでの評価が高く、今最も人気のあるおむつかぶれ予防アイテムは
ファムズベビー(Fam’s)」という結果になりました。

 

ファムズベビー 画像

 

ファムズベビーは、角質層のバリア機能を整え潤いを
与えて赤ちゃんの肌の自己治癒力を高めてくれる、
ムース状のおむつかぶれ予防アイテムです。

 

刺激の少ない優しい成分配合ながらも、その保湿&保護力は
高くおむつかぶれや乳児湿疹、あせも、アトピーなど赤ちゃんの
全身の肌トラブルに使用する事が出来ます。

 

ファムズベビー 画像

 

肌への馴染みも良く短時間でサッと馴染むのに持続力に
優れているため、スキンケアにじっとしていられない元気な
赤ちゃんにもストレスを与えずに肌ケアを行えます。

 

また、安全性に信頼がおける日本製にこだわり品質劣化の
おこりにくい容器を採用するなど、肌の弱い赤ちゃんでも
安心して使えるような工夫がされているのも多くのパパママ
から支持されている理由のひとつになっています。

 

ファムズベビー 画像

 

全国で配布されている母子健康手帳副読本でも
ファムズベビーは紹介されており、その品質や効果は
自治体からも高く評価されています。

 

おむつかぶれの予防がしたい、なるべく医薬品は使いたくない、
乳児湿疹などの全身のスキンケアに使えるものを探している方は
fam’sのファムズベビーを試してみてはいかがでしょうか?

 

 

ファムズベビー

 

 

おむつかぶれ 予防ランキング

 

おむつかぶれの原因は食事にあり!?ミルクや母乳の成分にも着目

おむつかぶれ予防 原因 画像

おむつをはずしてみると、赤ちゃんのお尻が真っ赤…!

ブツブツの発疹が出来たり、酷くなるとかさぶたになったり…

 

そんなおむつかぶれに悩むママは少なくありません。

 

おむつかぶれの直接の原因は、おむつの擦れや素材の
刺激、尿や便がお尻に接する刺激にあります。

 

赤ちゃんはまだ肌が弱いので、些細な刺激でもかぶれたり
炎症を起こしたり…などのトラブルを起こしやすいのです。

 

ただ、おむつかぶれの原因は単純な刺激だけ
ではなく様々な原因が考えられています。

 

ここでは、おむつかぶれの原因と食事の
関係について考えてみたいと思います。

 

 

おむつかぶれの原因は食事かも?

おむつかぶれ予防 原因 画像

 

赤ちゃんは、ミルクや母乳を飲んで育っていますね。

 

この赤ちゃんの食事であるミルクや母乳の栄養が
赤ちゃんの体を作り、健康を守っているのです。

 

健康な体を作る為にはバランスの取れた食事が大切
だと言うのは大人も子供も、赤ちゃんも同じです。

 

バランスの取れた栄養を充分摂る事が出来ると体は強く
免疫力も高くなりますが、反対に栄養バランスが崩れると
様々な刺激に弱い体になってしまうと考えられています。

 

母乳育児の場合、ママの食べたものから母乳は
作られるのでおむつかぶれ予防や赤ちゃんの健康の
ためにはママの食事にも気を遣ってみましょう。

 

よく言われる通り、ママが油ものや糖分を摂りすぎると
母乳もドロドロと脂っぽくなってしまったり乳腺が詰まって
乳腺炎を起こしてしまったり…という事もあります。

 

栄養バランスの取れた食事で良質な母乳を作り
赤ちゃんの免疫力を高めることで、皮膚の炎症である
おむつかぶれの予防をサポートする事が出来ることでしょう。

 

 

おむつかぶれの原因はアレルギーの可能性も?

おむつかぶれは、おむつをしている部分に起こる炎症ですが
アレルギーによって肌が弱くなり、おむつや尿などの刺激が
過剰に負担になっている可能性も考えられます。

 

粉ミルクは栄養豊富で赤ちゃんの成長に適した成分に
なっていますが赤ちゃんがミルクアレルギーの場合は
粉ミルクでもアレルギー症状を起こす事があります

 

また、母乳育児で育つ赤ちゃんは、ママがアレルギー食品を
摂取すると作られた母乳にもその成分が含まれてしまう
ためにアレルギーを発症してしまう場合もあります。

 

そこにおむつや尿などの刺激が加わる事でおむつかぶれの
症状を悪化させてしまう場合もあると考えられます。

 

そのため、おむつかぶれの予防や改善の為にはママの
食事や粉ミルクの成分にも気を配る必要があるでしょう。

 

 

おむつかぶれ予防の基本は、刺激を取り除き清潔に保つこと

ここまで「食事がおむつかぶれの原因に関係している」
というお話をしてきましたが、おむつかぶれの一番の
原因はおむつや排泄物、汗などの刺激です。

 

そのため、おしっこやうんちをした場合にはなるべく
早くおむつを替えて清潔にしてあげることが大切です。

 

お尻を拭く時におしりふきでゴシゴシとこするとそれが
刺激になってしまいおむつかぶれを悪化させる可能性が
あるため、お湯で優しく洗ってあげると良いでしょう。

 

また、おむつの素材や形が体質の合わない場合もある
のでおむつかぶれがなかなか治らない場合はおむつの
メーカーを替えてみるというのも一つの手です。

 

おむつかぶれの原因として考えられるものを一つ一つ取り除き、
赤ちゃんの可愛いおしりの健康を守っていきたいですね。

 

 

 

おむつかぶれの原因はストレスもある!?その関係とは

おむつかぶれ予防 ストレス 画像

赤ちゃんのおむつかぶれの原因と言えば、おむつによる

肌の擦れや尿や便による刺激が挙げられます。

 

肌質や体型に合ったおむつを選び、おむつが汚れたらすぐに
清潔にしてあげることがおむつかぶれの対策となりますが、
原因が他にもあるのなら取り除いてあげたいものですね。

 

ここでは、おむつかぶれとストレスの関係についてお話しします。

 

 

おむつかぶれの原因はストレス?!

おむつかぶれ予防 ストレス 画像

 

赤ちゃんのストレスとおむつかぶれには、まだ
はっきりとした関係性は明かされてはいません。

 

ただ、人間の免疫機能というのはストレスを感じる
ことで影響を受けるという研究は実証されています。

 

免疫機能が低下した状態では肌トラブルなども起こし
やすいためおむつかぶれとストレスも完全な無関係とは
言い切れないと考えられています。

 

ストレスで免疫機能が低下することで起こりやすくなる
トラブルには、おむつかぶれなどの皮膚トラブルの他にも
食欲不振や下痢、頭痛や吐き気などの症状が考えられます。

 

赤ちゃんの場合は自分でストレスを発散する事が
難しいため普段近くに居るパパやママが注意深く
様子を観察してあげることが必要になります。

 

 

赤ちゃんもストレスを感じるの?

ストレスが免疫機能を低下させる――とは言え、
本当に赤ちゃんでもストレスを感じるのでしょうか?

 

赤ちゃんなので自分で「ストレス」とは認識できなくても、不快感や
緊張などが続くとストレスとなってしまう場合が充分にあります。

 

赤ちゃんがストレスを感じる原因としては、

 

  • おむつが汚れてる
  • うまく眠れない
  • 寒い、暑い
  • 環境の変化(引越しや保育園入園など)
  • ママやパパがイライラしている

 

などの不快感や緊張が考えられます。

 

赤ちゃんの暮らす世界はとても狭いため、些細な
きっかけでも不安や不快感を感じてしまいやすいのです。

 

 

赤ちゃんにストレスをかけないためには

おむつかぶれ予防 ストレス 画像

 

様々な原因でストレスを感じてしまう赤ちゃんですが、
その全てを取り除いてあげるのはとても大変ですし
どんなに頑張っても無理な話です。

 

おむつをこまめに取り換える、部屋の温度を気を付ける
などで不快感を取り除いてあげることは可能ですし、
そこは是非頑張って快適にしてあげたい部分です。

 

しかし、眠くてグズっている赤ちゃんに対して、どんなに抱っこ
してもトントンしても泣かれ続けて「眠いなら寝ればいいのに!」と
思ってしまうという経験はどんなママにもあることでしょう。

 

なので、どんなに頑張って接していても赤ちゃんの
ストレスを完全に取り除くのは無理だと割り切った
方がママの気持ちもラクになります。

 

一番避けたいのは、赤ちゃんのストレスを無くそうとして
ママが神経質になりすぎて疲れたりイライラしてしまうこと。

 

そのイライラが赤ちゃんに伝わると、それが
赤ちゃんのストレスになってしまいかねません。

 

100%の完璧を目指さず、出来るだけゆったりとした気持ち
赤ちゃんに接し、笑顔をたくさん見せてあげることが大切です。

 

マッサージや抱っこでスキンシップを取るのも良いでしょう。

 

赤ちゃんのお世話をしていると理想通りに優しく微笑んで…
とはなかなか難しい事もありますが、出来る範囲で赤ちゃんの
ストレスを取り除いて免疫力を高めてあげられると良いですね。!

 

 

おむつかぶれはいつまで続く?治す方法は?

おむつかぶれ予防 画像

赤ちゃんの肌はとても薄く、デリケート。

 

そのため、わずかな刺激でも負担となってしまい
おむつかぶれなどの症状が出てしまいがちです。

 

赤ちゃんのお尻がかぶれてしまったのを見ていると、
「早く治してあげたい」「これは一体いつまで続くの?」
と不安になってしまうパパママも多いのではないでしょうか?

 

 

おむつかぶれはいつまで続く?

おむつかぶれ予防 画像

 

おむつかぶれはいつまで続くか…

 

その問いに、はっきりと「◯ヶ月頃まで!」
というような答えを出すのは難しいです。

 

おむつかぶれは症状や治り方に個人差が大きいもの
なので、一律でいつまでという答えはないのです。

 

体験談としては、

 

  • 1ヶ月頃からおむつかぶれになり、3ヶ月頃に治った
  • おしりふきをやめてシャワーで流すようにしたらみるみる治った
  • 汗っかきで、夏場は一歳になってもお尻がかぶれてしまった

 

などの声がありました。本当、おむつかぶれの
悩みや時期は赤ちゃんによって様々です。

 

おむつかぶれが始まる時期としては、顔や体にも乳児湿疹が
出やすく肌の調子が崩れてくる1ヶ月頃が多いようです。

 

 

おむつかぶれを治す方法とは

おむつかぶれを治すには、まずは清潔を保つことが第一です。

 

おむつが汚れたら、なるべく早く取り換えます。

 

その際に、お尻をきれいに拭いてあげてお尻をよく
乾かしてから新しいおむつを付けると良いですね。

 

お尻はおしりふきで拭くよりも、シャワーで流したり
洗面器にお湯を貼ってお尻を浸けてあげるなど
お湯で洗ってあげる方が刺激が少ないものです。

 

ただ、一日に何度もあるおむつ交換の度に
洗ってあげるのも大変ですね。

 

そこでおすすめなのが、おしりふき用のコットンを
水で濡らしたものを使用するという方法

 

ある程度の枚数を事前に濡らしてタッパーなどに保管して
おけばサッと使用出来てシャワーを使うよりも断然ラクですし、
市販のおしりふきよりも刺激は少ないですよ。

 

 

また、おむつが肌質や体質に合わずに
おむつかぶれを起こしてしまう場合もあります。

 

布おむつでムレておむつかぶれになったという例もあります。

 

おむつのメーカーを替えた、布おむつから紙おむつに
替えたというだけでおむつかぶれが改善した例もあるので、
他の種類のおむつも試す価値はあります。

 

赤ちゃんの肌はとても薄く、意外と乾燥しやすいので保湿剤
などで肌のコンディションを整えてあげるのも良いですね。

 

ただ、市販の保湿剤は赤ちゃんによっては肌に合わない子も
いるので初めて使用する場合は少量ずつ試してよく様子を
見ながら取り入れていくことが大切です。

 

血が出てしまうなど、症状が酷くなってしまった場合には
病院で診て貰って治療薬を処方してもらうのも良いでしょう。

 

 

 

おむつかぶれの薬は市販品でもOK?種類やオススメ商品について

おむつかぶれ予防 薬 市販 画像

お尻が赤くなったりポツポツが出来て

しまったり酷いと血が出てしまったり…

 

そんな赤ちゃんのおむつかぶれを見ると、
親としては少しでも早く治るように…と色々な
ケアを調べたり試したりすると思います。

 

それらのケアの中には、ドラッグストアなどで手に入る
市販薬を使うという選択肢も考えられますね。

 

手軽な市販薬よりも、小児科や皮膚科を受診して医師の
判断のもとで処方された薬の方が安心感はありますがおむつ
かぶれの症状が軽い場合や仕事の都合などで病院に行かずに
市販薬で様子を見たいという時もある事でしょう。

 

ここではおむつかぶれのケアにおすすめの商品や、
市販薬の種類についてご紹介しています。

 

 

おむつかぶれ市販薬の主な種類

おむつかぶれ予防 薬 市販 画像

 

市販薬では、症状や肌質に合ったものを選べるか
どうかが効果を左右する大切なポイントになっています。

 

一般的に市販薬よりも病院での処方薬の方が効くと
思われているのはその薬の持つ効果の違いではなく、適した
薬かどうかの違いが大きく影響されているんです。

 

症状の状態や肌質、赤ちゃんの体重なども考慮して専門の
医師が判断した薬と、素人判断で選んだ薬では専門医の
薬の方が効果的に効くと言うのは当然とも言えるでしょう。

 

逆に、素人判断の市販薬であっても適切なものを
選ぶ事が出来ればおむつかぶれの改善に効果を
発揮してくれる可能性は十分にあります。

 

自分で選ぶ事が難しければ、ドラッグストアの
薬剤師さんに相談してみるのも良いですね。

 

おむつかぶれ市販薬の主な種類と特徴は次の通りです。

 

 

非ステロイド外用薬

症状が軽い時に使用されることの多いのが非ステロイド
外用薬です。市販薬ではこの非ステロイドタイプが多くあるので
副作用の心配が少なく気軽に使用出来るタイプです。

 

 

ステロイド外用薬

皮膚疾患で処方されることの多い「ステロイド」のお薬です。
ステロイドと聞くと、「副作用や悪影響がありそう」という
イメージを持つママも多いかもしれませんが、適切に
使用すれば高い効果を得ることが出来ます。

 

皮膚科ではステロイド単品での処方もありますが、市販の
ステロイド外用薬にはステロイド以外にもかゆみ止めや
殺菌成分、ビタミン剤など様々な成分が配合されて
いるので、症状に合った商品を選ぶようにしましょう。

 

大人の湿疹にも使える商品も多数販売されていますが、刺激の
強さなどを考慮すると「赤ちゃんにも使える」「おむつかぶれに」
などの表記があるものを選ぶようにすると安心です。

 

 

おむつかぶれに使えるオススメ市販薬

 

ポリベビー(サトウ製薬)

おむつかぶれ予防 薬 市販 画像

 

赤ちゃんの肌ケアのために多くのママに選ばれて
おり、知名度も高い非ステロイドの商品です。

 

おむつかぶれを始め、あせもや乳児湿疹、虫刺され、
しもやけなど赤ちゃんの肌に「ここちょっと…」という個所を
発見したらサッと塗ってあげられるお薬です。

 

殺菌成分や痒みを抑える抗ヒスタミン剤、
酸化亜鉛などが配合されています。

 

患部の炎症でカサカサやジュクジュクの
状態にも使用する事が出来ます。

 

 

カレンデュラクリーム

様々なメーカーから販売されているカレンデュラクリームは、
マリーゴールドの成分を使用した天然派のクリームです。

 

傷の治癒や殺菌、抗炎症作用を持つカレンデュラクリームは、湿疹や
おむつかぶれだけではなく切り傷や擦り傷、やけどなどの外傷にも使用
出来るので、怪我をする機会の増える幼児期にも重宝するクリームです。

 

 

おむつかぶれ用品はどんなものがある?予防や改善に効果大!

おむつかぶれ予防 薬 ケア用品 画像

赤ちゃんの肌はとてもデリケートなので、気を

付けてはいても気が付けばおむつかぶれが
出来てしまっていた…という事があります。

 

赤ちゃんはまだ皮膚が薄く、皮脂のバランスも
不安定のためかぶれたり湿疹が出たりしやすいのは
仕方がないところもありますね。

 

しかし、適切にケアをすることでおむつかぶれを
予防したり症状を改善したりすることが出来ます。

 

症状が出ていない場合やごく軽度の場合は、治癒を目的と
したものよりも効果が穏やかな保湿剤や整肌効果のあるクリーム
などのケア用品で肌の調子を整えてあげると良いですね。

 

ここでは、おむつかぶれのケア用品についてご紹介しています。

 

 

おむつかぶれのケア用品〜クリーム〜

赤ちゃんの肌は皮膚が薄く、乾燥しやすいという特徴があります。

 

あらゆる肌トラブルにとって乾燥というのは悪い影響を
与え、湿疹などの症状も出やすくなってしまいます。

 

おむつかぶれの場合も、乾燥による刺激への耐性や免疫力の
低下により症状が悪化してしまう場合もあります。

 

そのため、赤ちゃんの肌を乾燥から守り丈夫にすることが出来る
保湿・保護クリームや、肌に優しい馬油などのオイルが役立ちます。

 

 

クリームタイプのおすすめケア用品は、fam’sの「ファムズベビー」です。

 

おむつかぶれ予防 薬 ケア用品 画像

 

このファムズベビーは濃密なムース状の保湿・保護クリームで
赤ちゃんの肌のバリア機能をサポートする効果が期待出来ます。

 

おむつかぶれやあせも、乳児湿疹、アトピーなどの
肌トラブルの予防に使用する事が出来、母子手帳の
副読本でも紹介されている信頼出来るケア商品です。

 

 

おむつかぶれのケア用品〜石鹸〜

赤ちゃんの肌を健康で丈夫にするためには保湿も大切
ですが、まずは清潔を保つことが第一歩となります。

 

赤ちゃんは汗をかきやすく、皮脂バランスも不安定なので
皮脂詰まりや汗で肌が汚れやすいですが、汚れたままでは
かぶれや湿疹を悪化させてしまう可能性もあります。

 

赤ちゃんの肌はデリケートなので、石鹸を使わずに
お湯だけで洗う事もありますが、お湯だけでは
汚れが落ち切らない場合もあります。

 

そのため、必要な水分や皮脂は残しながら汚れは落として
くれる赤ちゃん用の低刺激石鹸の使用がおすすめです。

 

石鹸タイプのおすすめケア用品は、
ドクターリセラの「リセラベビー」です。

 

おむつかぶれ予防 薬 ケア用品 画像

 

リセラベビーは赤ちゃんの全身に使用する事が
出来る泡タイプの石鹸で、その最大の特徴は
「食べられるもの」だけで作られているという点です。

 

オリーブオイルや海洋深層水、ヤシや岩塩などで
作られているため、万が一赤ちゃんの口に入っても
安心ですし肌にも優しい石鹸になっています。

 

 

 

おむつかぶれのケアには保湿が大切!その理由とおすすめ保湿剤

おむつかぶれ予防 保湿 画像

おむつかぶれの予防や改善には、保湿が大切です。

 

とは言っても、「ムレてしまうのがダメなんだから、乾燥させた
方が良いのでは?」という疑問も出てくるかもしれません。

 

乾燥させるべき?保湿するべき?

 

その答えは…両方です!矛盾するようですが、ここでは
その理由と保湿剤について考えてみましょう。

 

 

おむつかぶれには保湿と乾燥?その理由とは

おむつかぶれのケアのためには、肌を保湿する事が大切です。
一方で、ムレを防ぐために乾かしてあげることも大切です。

 

これは一体どういう事かと言うと…

 

赤ちゃんの皮膚は薄く、水分の保持力が
低いので多くの赤ちゃんは乾燥肌です。

 

赤ちゃんの肌はもっちりプルプルしっとり肌のイメージ
ですが、実際は乾燥してカサつき気味だというのは
多くのママに心当たりがあると思います。

 

乾燥した肌というのはとてもデリケートで、外部からの刺激に
弱く免疫力も下がっている弱い状態になってしまっています。

 

そのため、おむつの擦れやムレ、排泄物による刺激などの
僅かな刺激でもかぶれたり湿疹になったりしやすいのです。

 

乾燥状態の肌は痒みも感じやすいので、
おむつかぶれによる不快感も高いと考えられます。

 

その乾燥しがちな肌を保湿する事で、免疫力を高め
肌を健康的で丈夫な状態に整えてあげると刺激にも
負けにくくなるためおむつかぶれのケアにも有効になります。

 

ここで注意したいのが、保湿された肌状態と
ムレている肌状態は全くの別物だという事。

 

肌の内側に水分がキープ出来ているのが保湿状態、
肌の外側に水分が溜まってしまうのがムレ状態です。

 

おむつかぶれは汗や尿などで肌の外側の湿度が高い状態が
続くと症状を悪化させてしまう可能性が高いので、おむつ交換や
お風呂上がりには肌の内側の水分をキープしたまま、肌の外側の
水分をよく乾かしてあげることが大切になっています。

 

そこで便利なのが、赤ちゃん向けの保湿剤です。

 

 

おむつかぶれケアにおすすめの保湿剤は?

 

ファムズベビー(fam’s)

おむつかぶれ予防 保湿 画像

 

濃密なムース状の泡タイプで、肌に潤いを与えて
角質層のバリア機能をサポートする保湿剤です。

 

肌を保護し、刺激によるダメージを抑えて
おむつかぶれや乳児湿疹、アトピーやあせもなどの
肌トラブルを予防する効果が期待出来ます。

 

赤ちゃんのデリケートな肌でも安心して使えるよう、安全成分
だけが厳選して配合されているため薬に頼らずに赤ちゃんの
肌の自然治癒力を育てて健やかで健康的な肌へと導きます。

 

自治体の母子健康手帳の副読本でも紹介されている
アイテムなので、その品質や安全性にも定評があります。

 

 

アロベビーミルクローション(ALOBABY)

おむつかぶれ予防 保湿 画像

 

オーガニック基準のエコサート認証取得
オーガニックアイテムで、シアバターやホホバオイル
などの天然成分が99%以上配合されています。

 

皮膚の薄い赤ちゃんの肌に潤いを与えて閉じ
込め、もちもちでスベスベの肌へと導きます。

 

Amazonや楽天市場の部門別ランキングで1位
獲得した実績を持つ、人気の保湿ケア用品です。

 

 

おむつかぶれにステロイドは有効?副作用の心配は

おむつかぶれ予防 ステロイド 副作用 画像

おむつかぶれや乳児湿疹などの皮膚トラブルには、

ステロイド薬が処方されることもあります。

 

でも赤ちゃんにステロイドを使う事に抵抗があったり副作用が
心配になってしまったりするパパママは多いことでしょう。

 

ステロイドは正しい使用方法を守れば非常に優れた効果を
発揮する薬なので、イメージだけで敬遠するのではなく必要に
応じて上手に使用する
事で症状を早めに治してあげたいですね。

 

ここでは、赤ちゃんに処方されるステロイドと副作用の心配、
使用する際の注意点などについて説明しています。

 

 

赤ちゃんに使用されるステロイド外用薬ってどんなもの?

皮膚科では、症状や月齢、肌質などから判断
されたステロイド薬が処方される場合があります。

 

ステロイド薬は、その作用の強さから5段階に分類されています。

 

  • 【1群】strongest(最強)
  • 【2群】very strong(非常に強力)
  • 【3群】strong(強力)
  • 【4群】mild/medium(中程度)
  • 【5群】weak(弱い)

 

赤ちゃんに使用する場合はあまり強いステロイドではなく
4群や5群のものが処方される場合が多いです。

 

また、一口にステロイドと言っても様々な種類があるため
赤ちゃんの体質などによって効果の出方は様々です。

 

そのため、医師が症状や改善状態をこまめにチェックしてステロイドの
強度や種類を変えながら治療していく場合が多くなっています。

 

症状によっては、3群や4群の作用の強いステロイド剤をプロペトなどの
保湿剤と混ぜて穏やかな効果にして処方される場合もあります。

 

 

ステロイドの副作用について

おむつかぶれ予防 ステロイド 副作用 画像

 

ステロイドはその作用の高さから、副作用のイメージが強く
赤ちゃんへの使用は避けたいと考える方も少なくありません

 

内臓に成分が溜まってしまうのでは?健康な皮膚にまで
ダメージがありそう…他の病気の原因になったらどうしよう…
一度使い始めると、やめられなくなってしまうんじゃ?

 

などの副作用の心配をするパパママは多いでしょう。

 

ただ、このような心配の中には勘違いや
誤解も一定数含まれています

 

まず副作用の心配ですが、確かにステロイド薬で
骨粗しょう症や糖尿病などのリスクが高まるという
副作用を引き起こす場合もあります。

 

ただしそれは、点滴や内服薬を多量に長期的に使用した場合です。

 

赤ちゃんに処方されるステロイドの塗り薬では
そのような副作用の心配はほとんどありません。

 

 

おむつかぶれにステロイド薬を使用する時の注意点

おむつかぶれに皮膚科で処方されたステロイド薬を
使用する場合、気を付けたい注意点があります。

 

それは、自己判断でやめたりしない事

 

ステロイドを使っても効かないと感じる時や治ったように
見えてまたぶり返す、または症状が悪化してしまったという
時は用法や用量を守らなかった場合がほとんどです。

 

ステロイドを使用すると最初は一気に治ったように見えますが、
そこで自己判断をして薬を塗るのをやめてしまうとぶり返したり
悪化したり…という可能性が高くなってしまうのです。

 

そのため、医師や薬剤師の指示をよく聞いて用法や用量、
使う期間をしっかりと守って使用する
事が大切です。

 

 

 

おむつかぶれの予防方法は?見落としがちなポイントもチェック!

おむつかぶれ予防 画像

すべすべツルツルの肌を「赤ちゃんのような肌」と

形容する事もありますが、実際の赤ちゃんの肌と言うのは
乾燥しがちでトラブル続きの事も多いものです。

 

放っておいても綺麗な肌をキープ出来る赤ちゃんは少なく、
自分のスキンケアを後回しにしても赤ちゃんの肌ケアに
手をかけているママも多いのではないでしょうか。

 

それでも出来てしまうおむつかぶれや乳児湿疹などの肌トラブル…。

 

かゆそう、痛そうなおむつかぶれを見ていると少しでも
早く治してあげたいと思いますし、出来るならば症状が
出る前に予防してあげたいものですよね。

 

ここで、おむつかぶれの予防方法について紹介しています。
知っているつもりでも見落としている部分もあるかも
しれないので今一度一緒に確認してみましょう!

 

 

おむつかぶれの予防方法の基本

 

清潔を保つ

おむつかぶれ予防 画像

 

おむつかぶれの予防方法の大前提として、
出来る限りお尻を清潔に保つことが大切です。

 

汗や汚れが肌に接したままでは雑菌が繁殖しやすく、
かぶれも起こしやすくなってしまいます。

 

「今おむつを替えたばかりなのにまた…」という、
頻回おむつ替えの経験はどのママにもあると思います。

 

おむつが勿体ないし、まだ替えなくても大丈夫…とついつい
見ない振りもしたくなりますが、さっき替えたばかりだろうと
おむつが汚れたらなるべく早く取り替えてあげましょう。

 

お尻を拭く時には刺激を与えないように
濡らしたコットンなどで優しく拭くのがおすすめです。

 

市販のおしりふきは肌に合わずに刺激になってしまう赤ちゃんも
いるので肌の状態をよく確認しながら使うようにして下さいね。

 

 

肌を保湿

おむつかぶれ予防 画像

 

赤ちゃんの肌は乾燥しやすく、乾燥した肌は
刺激などに弱く肌トラブルも起こしやすくなっています。

 

そのため、赤ちゃん用の保湿剤などを使用して肌の
バリア機能を高めて健康的に整えてあげることがおむつかぶれ
予防だけではなく全身の肌トラブル予防に有効です。

 

 

肌に合ったおむつを選ぶ

赤ちゃんの体型や肌質によっては、おむつのメーカー
によって合う合わないがある場合があります。

 

また、布おむつから紙おむつに替えたら
おむつかぶれが治ったという例もあります。

 

清潔にしているのになかなか治らないという場合は
おむつの種類を替えてみるのもおすすめです。

 

 

ママの食事に気を付ける

ただのおむつかぶれだと思っていたら、実は食品アレルギー
肌が弱くなっていた…という例もあります。

 

ママの食事の中にアレルギー食材があるとそれに反応を
起こしてしまう赤ちゃんもいるので、お尻まわりだけではなく
全身の肌も弱くなっていそうなら一度小児科を受診し、
アレルギーかどうかを診てもらうと良いでしょう。

 

アレルギーの場合はママもアレルギー除去食にするか、
アレルギー対応のミルクに替えるなどの対策が必要です。

 

 

間接的な刺激にも注意

つい見落としがちな刺激としては、直接赤ちゃんに
使用しない間接的な刺激があります。

 

ママの化粧品やハンドクリーム、
除菌&殺菌スプレー、洗濯洗剤などですね。

 

清潔にしようとするあまり、ママの手に頻繁に殺菌スプレーを
していたら赤ちゃんの肌がかぶれてしまった、という例もあります。

 

そうした「まさかこれで…」と思うような間接的な
刺激でもおむつかぶれを引き起こす原因となり得るので、
おむつかぶれを発見したら周りにある刺激となりそうなものを
今一度見直してみることをおすすめします。

 

 

おむつかぶれ予防と食事との関係は?NGの食材ってある?

おむつかぶれ予防 食事 画像

おむつかぶれはお尻のムレや擦れ、排泄物の刺激などが

主な原因となって発症する事の多いトラブルです。

 

そのため予防としては、お尻を清潔に保ってなるべく
刺激を与えない事が最も大切になっています。

 

ただ、清潔にして、保湿クリームも塗って、刺激になるものも
取り除いたのに全然良くならない…と言う場合、もしかしたら
アレルギーなどの影響を受けている可能性もあります。

 

 

おむつかぶれ予防と食事の関係

おむつかぶれ予防 食事 画像

 

赤ちゃんは、ママの母乳やミルクで育っています。

 

常に一定の栄養価のミルクと異なり、母乳育児では
ママの食べた物によって母乳の栄養は変わるため、
それにより赤ちゃんの体調や肌の状態も変わってきます。

 

魚や野菜、大豆、海藻などの多い食事で作られる母乳は
栄養的にも優れていて味も美味しいと言われていますが、
糖分や脂肪分、塩分の多い食事を摂った後の母乳は
ドロッとして赤ちゃんにとってもあまり良くないようです。

 

食べてはいけないNG食材というのは基本的にはありませんが、
どんなものもバランス良く、偏らないようにすることが大切です。

 

脂肪分の多いドロドロの母乳を飲むと赤ちゃんも
皮脂が多く分泌されてしまい、乳児湿疹などの
肌トラブルを悪化させるとも言われています。

 

また、ママがアレルギー食材を摂ったことによりその物質が
母乳に入り、アレルギー反応を起こしてしまう赤ちゃんもいます。

 

ただし、赤ちゃんやママの体質によっては食事の内容や
母乳の変化に影響を受けない赤ちゃんもいます。

 

逆に、赤ちゃんへの影響の前にまずママの体質的に
脂肪分や糖分が無理な場合もあります。

 

授乳期間中、天ぷらやケーキを少し食べただけで
乳腺が詰まって痛くて痛くて…というママも多いでしょう。

 

このように、肌の状態を含めて赤ちゃんの健康を守るためには食事の
内容にも気を遣うほうが良いですが、赤ちゃんの様子をよく観察
しながら無理をしない範囲で食事に気を付けていくと良いですね。

 

 

おむつかぶれ予防のためには母乳よりミルク?

母乳はママの摂った食事内容がダイレクトに影響する
ため、赤ちゃんの不調やトラブルがあるときには母乳より
ミルクが良いかもしれない…と考えるママもいます。

 

ただ、おむつかぶれと母乳の栄養の変化との関係は
ハッキリと解明されているわけではなく、また母乳を与えることは
赤ちゃんに安心感を与える役割もあると言われています。

 

なので、あまり気にし過ぎずにゆったりした気持ちで
バランスの取れた食事を心掛けていけると良いですね。

 

もちろん、アレルギーの疑いがある場合には
しっかりと病院で検査を受け、除去食の必要がある
場合はそれに対応した対策を取るようにしましょう。

 

 

 

おむつかぶれは予防接種の時に診てもらっても良い?

おむつかぶれ予防 予防接種 画像

赤ちゃんにおむつかぶれを発見しても、すぐに

病院に駆け込むほどではないと思った場合に

 

「予防接種の時についでに相談しても良いかな?」

 

と思うパパママも多いと思います。

 

赤ちゃんを連れて病院に行くのはなかなかに大変ですし、
出来るならば病院に行く回数を減らしたいと考えるのも納得です。

 

でも、おむつかぶれの受診と予防接種は全く別の事なので
ついでに相談しても良いか迷ってしまいますよね。

 

ここでは、予防接種の時におむつかぶれも相談していいのか
どうか先輩ママ達の体験談も交えて考えてみましょう。

 

 

予防接種の時におむつかぶれを相談しても良い?

おむつかぶれ予防 予防接種 画像

 

おむつかぶれの相談を、予防接種で小児科に
行った時についでに相談しても良いかどうか…

 

結論から言うと、この疑問への回答は「病院による」です。

 

当然と言えば当然ですが、病院によって対応は異なる
ので普通におむつかぶれも見てくれるところもあれば、
改めて受診するように言われるところもあります。

 

なので、予防接種の予約をする際に「おむつかぶれも診て
貰う事は出来ますか?」と聞いておくと安心ですね。

 

そして、予約の際にOKが出ている時には当日受付でも
「予約時にお話ししていたのですが、今日はおむつかぶれの
相談もお願いしたいのですが」と一言言っておくと確実です。

 

事前におむつかぶれの事を伝えていない場合でも予防接種の際に
「実はおむつかぶれが気になって…」と話を切り出す事も出来ます。

 

その場合は医師がすぐ診てくれるのか改めて受診
すべきかを教えてくれるので、それに従いましょう。

 

ただ、予防接種と通常の診察というのは、例え同じ診察室で
行うものであってもその仕組みが全く異っています。

 

費用の請求先やカルテ準備の仕方など、準備が大きく異なる
ため診察室でいきなり話を切り出すよりは、当日の受付でも
いいから事前に話をしておくと病院側にとっては助かるものです。

 

急に思い出した場合は予防接種の時に直接聞いても良いと
思いますが、最初からおむつかぶれも相談するつもりであれば
予約時や受付時にその旨を伝えておいた方が良いですね。

 

 

予防接種でおむつかぶれの相談もした!体験談

では、先輩ママ達は予防接種の時におむつかぶれも
気になっている場合どのようにしているのでしょうか?

 

体験談を見てみましょう。

 

 

・三種混合の2回目の時におむつかぶれも診て貰いました。
予防接種の時に言ったら普通に診てくれたので助かりました!

 

・水疱瘡ワクチンの時におむつかぶれも診てもらったら、まさかのカンジダ
皮膚炎でした。お尻が真っ赤になってるし、予防接種のついでにしないで
もっと早く病院に連れてきてあげれば良かったと反省です…。

 

・うちもおむつかぶれ酷くて小児科で診てもらってたけど
なかなか治らず…でも皮膚科に行ったらどんどん治ったんです!
やはり皮膚の悩みは小児科よりも皮膚科だなと思いました。
症状が酷いようなら小児科よりも皮膚科がおすすめですよ。

 

 

多くのママが、予防接種のついでにおむつかぶれも
相談した経験を持っているようでした。

 

ただ、やはり病院によって対応は変わってくるものなので
予防接種に行く病院に事前に聞いてみるのが確実ですね。